地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、那覇・浦添・豊見城の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

那覇・浦添・豊見城の地域情報サイト「まいぷれ」

沖縄バラ日記

沖縄バラ日記、はじめました

お花好きの方、いっしょにバラの花を楽しめていただければ嬉しいです。

2012/03/27

沖縄県でバラが育つなんて知りませんでしたが、ホームセンターで毎冬バラの苗が売っているのを見かけ、3株を購入したのが3年前。1年ほぼほったらかしにしていたのに、最初の冬に少しだけですが立派な花が咲いてくれ、すっかりバラにはまってしまいました。無農薬で適当に育てているので、あまり立派ではありませんが、沖縄は温かいため冬もバラは休眠せず、去年の3月から一年中毎日バラの絶えない贅沢な生活を送っています。

お花好きの方、バラのお好きな方、もしよろしかったら一緒にバラの写真とエピソードを楽しんでいただけたら嬉しいです。

きょうのバラ 「ゆうぜん」

お名前の通り、豪華なのにそこはかとなく和風なたたずまいの「ゆうぜん」
お名前の通り、豪華なのにそこはかとなく和風なたたずまいの「ゆうぜん」


 2010年に日本で作出された、ニューフェースのバラです。

 私は香りのいいバラをひたすら集めているのですが、だいたいにおいて、香りのいいバラは花もちが悪く、花もちの良いバラは香りがないのです。

 ところが近年、日本で「 F&Gローズ」という新しいカテゴリでのバラが販売されるようになり、「ゆうぜん」はその一つです。「 F&Gローズ」とは、「フロリバンダ & ガーデンローズ」のことで、要は「お花が一輪や二輪じゃなくってバンバン咲いて、庭植えでOK!丈夫で、香りもそこそこあるバラ」という、いままでのバラのいいとこどりのバラグループの総称(と理解しておりますが、まちがっていたらごめんなさい (-。-;))のようです。

このゆうぜん、「赤く咲いた花は、 次第に花びらの縁をピンクのトーンとなり、紫の調子を強めながら深く沈んでゆく。 花もちに優れ、切り花にすると、一花で2-3週間楽しめる。 香りは爽やかなティ香にはじまり、のちにバナナ、ピーチ、ミルクを含んだミックスフルーツの芳香になる。」というセールスコピーがついております。

 しかし、この「ミルクを含んだミックスフルーツの芳香」という記述に、風呂上りに飲みたい「ミックスフルーツ牛乳」を連想してしまって、なんかあまりほしいと思わなかったのですが、雑誌「New Roses」の売れ筋ランキングでえらい上位を占めていたので、私も通販の際に新苗をいっちょ購入してみました。
 切り花3日目でこの美しさ。
 切り花3日目でこの美しさ。
あんまり期待してなかったんですが(なにせ、「ミックスフルーツ牛乳」ですから)これ、いいです!
 花弁がくるくるカールせず、和紙のような和風の感じ(すいません、私個人の感想です)のまっすぐ感が、すごく私の好みなんです。花弁質が厚いので評判通り花もちがすごくよく、その上香りも強く、咲き始めから終わりまで、色や香りの変化が楽しめるし、丈夫で良く育つという、3粒も4粒も美味しいバラです(そういうとこも日本的!?)。
その上に、とっても美しくて華やかでもうメロメロです。もし無人島にひとつだけバラを持って行っていいと言われたら、これにするかも・・・・(といっても、どれも好きで選びきれないわたくしでごさいます)

これから日本で作出されるバラが、とても楽しみになってきました。